浜松市の整体院 腰痛・膝痛・肩こり・首の痛み・疲労・頭痛・骨盤矯正

肩こり対処法は肩のタイプで変わる

肩こり対処法は肩のタイプで変わる

多くの方が悩まされている肩こり。肩こりの原因は人によって異なり、それぞれに適した対処法があります。こちらでは、「なで肩」「いかり肩」とタイプによって変わる肩こり対処法についてご紹介します。

なぜ肩のタイプで肩こり対処法が変わるのか?

なぜ肩のタイプで肩こり対処法が変わるのか?

人の身体は構造が同じでも、骨格や筋肉の質、付き方は違います。
また、日々の身体の動かし方も違うため、凝りがある場合は原因やほぐすべき筋肉も違ってくるのです。

反対にほぐしてはいけない筋肉も存在し、そこをほぐしてしまうと症状が悪化するケースもあります。肩こりも肩のタイプによって凝り方が違うため、それぞれに適した対処法を行うことが改善への近道なのです。

肩のタイプは、鎖骨のラインを見ることですぐに分かります。鎖骨のラインが水平から下がっている方は「なで肩」、上がっている方は「いかり肩」です。まずは、ご自身の肩のタイプを把握しておきましょう。

鎖骨のラインが上がっている「いかり肩」

鎖骨のラインが上がっている「いかり肩」

いかり肩は肩こりになりやすい肩のタイプです。

首肩から背中に広がる僧帽筋の上部と首から鎖骨につながる肩甲挙筋が過度に緊張し、僧帽筋の下部の筋力が弱っています。
いかり肩は常に筋肉が緊張している状態なので、慢性的な肩こりを生じやすいのが特徴です。

症状を軽くするには、肩甲挙筋と僧帽筋の上部をマッサージやストレッチでほぐす、僧帽筋の下部を鍛える必要があります。

鎖骨のラインが下がっている「なで肩」

なで肩は肩甲挙筋と僧帽筋の下部が硬直し、僧帽筋の上部が弱っている状態です。

腕を支える力が低下し、腕を支えようと無理をしているため肩こりが生じてしまいます。そのため、このタイプの肩こりさんは弱った筋肉を鍛えることが優先です。

間違ったマッサージやストレッチは、症状を悪化させる可能性があるため十分に注意しましょう。

浜松市にある当院は肩こりや腰痛、ひざ痛などの症状に対応している整体院です。
皆さんは健康になったらやりたいことはありますか?当院では身体を正しいバランスに整える整体で、皆さまのやりたいことが実現できるように健康づくりを全力でサポートいたします。
身体に優しいオールハンドの整体となっており、お子さんや妊婦さんの施術にも対応可能です。坐骨神経痛やぎっくり腰膝痛などの症状にも対応していますので、お気軽にご予約ください。

浜松市の整体院【からだ回復センター浜松】 / 静岡県浜松市 概要

名称 からだ回復センター浜松
所在地 〒432-8034 静岡県浜松市中区塩町57
電話番号 053-523-9887
FAX 053-523-9887
メールアドレス info@karadakai29.com
URL http://www.karadakai29.com/
説明 浜松市・新浜松駅近くの整体院【からだ回復センター浜松】です。腰痛や膝痛・関節痛など、マッサージやカイロを受けても良くならなかったと諦めていませんか?当院では身体の状態をじっくり伺い、オーダーメイド施術を行っております。ボキボキバキバキといった強い刺激の施術は行いませんのでご安心ください。不眠など身体の不調でお悩みの方も是非ご利用ください。
日本
都道府県 静岡県
市区町村 浜松市中区塩町

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional